ICOCA大回り乗車で特急こうのとり・はしだて・パンダくろしおに乗ってきた(2022年4月)

  • URLをコピーしました!

乗りテツ旅行会の恒例イベント『大回り乗車体験会』を久しぶりに開催しました。今回は「ICOCA大回り乗車」にプラスして、期間限定の格安特急券「J-WESTチケットレス500」を使って、特急こうのとり・はしだて・パンダくろしおに乗ってきました。どんな旅だったかレポートします!

このページに掲載の内容(運賃、料金、時刻表など)は、2022年4月現在のものです。

目次

4月27日 ICOCA大回り乗車体験会に参加の皆様

平日だったにも関わらず、10名の方に参加していただきました(途中合流、途中離脱の方を含む)。

おかげさまで楽しい一日になりました。ありがとうございます!

プライバシー保護のため加工しています。素敵な笑顔を隠してしまってゴメンナサイ!

今回の旅程表

上記は2022年4月現在の時刻表です。ICカード乗車券でのみ大回り乗車できるコースです。紙のきっぷを使用した場合、乗車距離ぶんの運賃を請求されますので、誤解のないようにお願いします。

このコースの途中の乗換駅では、京都駅・王寺駅・和歌山駅に売店があります。

福知山駅、奈良駅の改札内には売店がありません。ご注意ください。

このコースの運賃・料金

運賃尼崎→新大阪220円
「こうのとり」指定席特急料金尼崎→柏原※500円
「はしだて」指定席特急料金福知山→京都※500円
「くろしお」指定席特急料金和歌山→新大阪※500円
合計1,720円

※指定席特急料金は「J-WESTチケットレス500」を利用しています。

ICOCA大回り乗車で自動改札機を通れるの?

今回のコースは8時間超えの長丁場だったため、時間超過でエラーになりました。筆者の経験則で、8時間を超えると自動改札機を通れない傾向にあります(JR西日本のICOCAエリアの場合)。

まず、和歌山駅に到着時点で入場から8時間を超えていたため、中間改札機にタッチしたらエラーで弾かれました。

中間改札が通れないと思っていなかったので驚きましたが、インターホンで事情を説明して通してもらいました。

終着の新大阪駅も、当然のごとくエラーになったため、駅員にコース図を見せて「大回り乗車してきました」と申告。

尼崎→新大阪の運賃、220円を差し引かれて改札を出ることができました。

J-WESTチケットレス500とは

今回使用した「J-WESTチケットレス500」について、簡単に説明しておきます。

J-WESTチケットレス500は、2022年3月12日から2022年5月31日までの平日限定で利用可能な、お得な特急券です。インターネット予約専用商品のため、駅の窓口で購入できません。

  • 「J-WESTカード(エクスプレス・ベーシック)会員」及び「J-WESTネット会員(クレジットカード利用)」専用のきっぷです。
  • 「J-WESTカード会員」と「J-WESTネット会員」が購入いただける「J-WESTチケットレス500」は一部効力が異なります。 ※設定区間、おねだんは同一、「J-WESTネット会員」専用は変更に制限があります。
  • インターネット予約「e5489」に限りご予約いただけます。(駅窓口や駅のみどりの窓口ではお受取りのみ可能で、ご予約・ご購入いただくことはできません。)
  • 2022年4月29日~2022年5月6日は利用できません。

J-WESTチケットレス500が利用できる列車と区間

1列車ごとに特急券が必要です。2本以上の特急列車を乗り継ぐ場合、それぞれの特急券を予約・購入してください。

特急券を見せるときはどうするの?

車掌が車内改札に来たときは、スマホ画面を見せるだけでOKです。

スマホのブラウザでe5489にログインして、予約照会画面から「提示用画面」を表示します。

または、スマホアプリ「WESTER」でも同じように「提示用画面」を表示できます。

スマホを持ってくるのを忘れたり、バッテリー切れで表示できない場合は、特急券を買いなおしになるので気を付けてください。

それが心配な方は、自宅のプリンターで提示用画面を印刷して持っていくか、「みどりの券売機」できっぷを発券することもできます。「みどりの券売機」で発券する場合は、決済に使用したクレジットカードと予約番号が必要ですので、忘れずにご持参ください。

大回り乗車で特急3本乗車

ワンコイン(500円)で特急に乗れるのは気軽でいいですね!

そこで、ここぞとばかりに3本の特急に乗ることにしました。

特急こうのとり1号-尼崎から柏原まで乗車

平日の朝8時台ということもあり、通勤で乗っている人が多かった印象です。

特急はしだて2号-福知山から京都まで乗車

はしだて2号は、水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた「丹後の海」車両でした。

木をぜいたくに利用した車内。落ち着きます。

特急くろしお26号-和歌山から新大阪まで乗車

この旅の最後は「パンダくろしお」でした。パンダ車両に乗るのは初めてだったので嬉しかったです。

旅のスナップ写真

和歌山線の車中にて。我々のグループしか乗っていない瞬間があったので、すかさず記念撮影しました。

このあと、五条から高校生が大勢乗ってきたので、撮っておいて良かったです。

このほかの道中の写真をいろいろ載せておきます▼

恒例の懇親会

新大阪駅に到着後、3人で「お疲れ様会」をしました。ねぎ焼きとビール、合うわ~!

今回の旅の解説動画

乗りテツ旅行会の会員向けライブ配信を一部公開します。

動画の中で、今回の旅の様子とJ-WESTチケットレス500について解説しています▼

会員向け完全版は「乗りテツ旅行会 Facebookグループ」でご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

乗りテツ旅行会 入会募集中!

約500名のメンバーと交流しませんか?

目次
閉じる