1. TOP
  2. 終了したツアー
  3. 【2月17日 新大阪駅出発】冬の車窓旅~列車でめぐる琵琶湖と滋賀・奈良のローカル線《受付終了》

【2月17日 新大阪駅出発】冬の車窓旅~列車でめぐる琵琶湖と滋賀・奈良のローカル線《受付終了》

受付終了しました

 

ツアーの概要

今回は冬の琵琶湖とローカル線の車窓を愉しむ旅へお連れします。新大阪から近江今津まで特急『サンダーバード』に乗ります ♪

途中下車、しません!

名所観光、ありません!!

朝から夕方まで、ひたすら列車に乗って車窓を眺めるだけの旅です。

くれぐれもお間違えのないように、よく理解された上でご参加くださいませ(笑)

 

コース図

乗車距離は352.7km! 新大阪~広島の距離(341.6 km)に相当します。

 

おすすめのポイントを解説します

こんな方におすすめします

鉄道の日帰り旅行をしたい方
JR大回り乗車に興味がある方
ローカル線の旅をしたい方
車窓を眺める旅が好きな方
列車から雪景色を眺めたい方
鉄道ファンの仲間と旅を楽しみたい方
マニアックな旅に興味がある方

 

一日じゅう列車に乗り続ける、車窓満喫ツアーです。

冬ならではの景色を、暖かい車内からたっぷり眺めましょう!

・・・どうぞ気軽にご参加ください・・・

ぜひ体験してほしい! おすすめのポイント
鉄道ガイドの多田昭彦さんが全行程同行
日に数本だけ!近江今津駅に停車する特急『サンダーバード』に乗車
特急『サンダーバード』と新快速の車窓から冬の琵琶湖を一望
米原駅で駅弁・駅そばをお楽しみ(食費は各自負担)
単線のローカル線~草津線・関西本線・桜井線を乗り継ぎ
電車じゃないよ!ディーゼルカーが走る関西本線
桜井線・和歌山線から今秋引退する105系電車に乗車
行き止まりの終着駅・JR難波駅でゴール!
懇親会もあるよ!(自由参加)

 

鉄道ガイドの多田昭彦さんが全行程同行

国内外の鉄道に精通している鉄っちゃんツアーコンダクターの多田昭彦さんが全行程に同行し、見どころをわかりやすくガイドします。

鉄道博物館の運転シミュレータを楽しむ多田氏

多田昭彦さんのプロフィール

旅行業ひと筋のキャリアで、国内外のツアー添乗で活躍されている。これまでに訪れた国は60カ国以上。添乗業務の傍ら、フリータイムを利用して乗りテツにいそしんでいるという大の鉄道ファンでもある。国内の鉄道はほぼ全線完乗。お気に入りの列車は海外に輸出された日本の中古車両で、イチオシはタイの24系客車。

日に数本だけ!近江今津駅に停車する特急『サンダーバード』に乗車

関西と北陸を結ぶ特急『サンダーバード』。

オールドファンは長く親しんだ『雷鳥』のほうがしっくりくるかもしれません。2011年3月に雷鳥の名が消えてサンダーバードに統一されました。

サンダーバードのほとんどの列車は湖西線を通過するだけですが、日に数本、近江今津駅に停車します。

今回の旅では、数少ない、近江今津に停まるサンダーバードに乗ります。

(乗車する車両は写真と異なる場合がございます。)

乗車駅は新大阪駅です。

「エッ、どうして大阪駅から乗らないの?」と思われたかもしれませんが、これには理由があります。

実は、大阪と近江今津のあいだの距離は100kmをギリギリ超えるので、特急料金が一段階上がるのです。新大阪から乗れば100km未満になり、特急料金を節約できます。

この区間で特急に乗ることがあれば、覚えておくといいですよ!

特急『サンダーバード』と新快速の車窓から冬の琵琶湖を一望

寒い季節は出かけるのが億劫になりがちですが、思い切って旅に出れば、こんな銀世界が見られるかもしれません。

湖西線の永原駅付近から見えた奥琵琶湖の風景(上下の写真は2017年2月に撮影)

湖西線と北陸本線の乗り換え駅、近江塩津駅から敦賀方面へ出ていく新快速列車。

天候次第ではありますが、例年だとこれくらいの雪が見られます。

暖かい車内から琵琶湖の冬景色をお楽しみください。

米原駅で駅弁・駅そばをお楽しみ(食費は各自負担)

米原駅ホームにある井筒屋の立ち食いそば店。駅弁も売っています。

こんなスタイルのお店がすっかり無くなりましたね。いまや絶滅危惧種です。

ちなみに、米原駅の立ち食いそば店は青春18きっぷのポスターにも登場していました▼

いい写真。いいコピーですね。

寒いホームで味わう温かいそば・うどんはなによりのごちそう! 冷えた体に熱いダシが染みわたるのがわかります。

米原駅では休憩時間を取りますので、もしよかったら懐かしの駅そばをご賞味ください。

 

単線のローカル線~草津線・関西本線・桜井線を乗り継ぎ

高速で疾走する特急、新快速は気持ちいいですが、鈍行(どんこう)の称号が似合う、ローカル線の列車旅も魅力的です。

草津線を走る緑一色の113系車両(草津駅にて)。

木津川に架かる立派なトラス橋(関西本線・大河原~笠置)

単線なので、途中の駅で行き違い待ちがあったりして、のんびり歩みを進めます。

時間を気にせず、列車の揺れに身を任せてみましょう!

電車じゃないよ! ディーゼルカーが走る関西本線

都会でふだん目にする列車は「電車」ですが、下の写真の関西本線の車両(キハ120)は電車ではありません。

電気を通す架線がありませんし、車両の屋根にパンタグラフがないですよね。

これはディーゼルカー(または気動車)と呼ばれる車両で、エンジンで駆動します。

発車するときや坂を登るときに、エンジンが唸るのがわかります。

大阪近郊区間でディーゼルカーの普通列車に乗れるのは関西本線・柘植~加茂のあいだだけです。

都会暮らしだと、なかなか乗る機会がないディーゼルカーの乗り心地を体感してください。

桜井線・和歌山線から今秋引退する105系電車に乗車

桜井線・和歌山線の現在の主力である105系電車(上の写真)は、2019年秋までに新型の227系にすべて置き換えられることが発表されました。

227系が投入される3月16日以降、105系が急速に姿を消すと予想されます。

確実に乗れる今のうちに、105系の乗り味を体感しておきましょう!

行き止まりの終着駅・JR難波駅でゴール!

今回の旅のゴールは、大阪駅ではなくて、あえてJR難波駅にしました。

南海、近鉄、地下鉄(大阪メトロ)の難波駅と比べると影が薄い、JR難波駅にスポットライトを当てたかったのです。

JR難波駅は名古屋から続く関西本線の終点で、かつては湊町(みなとまち)という駅名でした。

1994年にJR難波に改称、その2年後の1996年に現在の地下ホームへ切り替えられました。

OCAT(大阪シティエアターミナル)の真下にあり、関西国際空港へのアクセスとして関空快速が発着していた時代もありましたが、2008年に運行廃止されています。

現在は関西本線の王寺・奈良方面の列車と、和歌山線の高田に直通する列車が出入りするのみとなっており、ミナミのターミナルとしてはちと寂しい状況です。

しかし、JR難波から梅田、新大阪につながる「なにわ筋線」の計画があるため、十数年後には鉄道地図が一変しているかもしれません。

この機会にJR難波駅の現状を見ておきましょう!

※JR難波へ行かずに途中で離団することも可能です。その場合は事前に添乗員にお知らせください。離団後は自己責任でお帰りいただき、運賃差額が生じる場合はお客様負担となります。

懇親会もあるよ(自由参加)

ツアー解散後に懇親会をするのが恒例になりつつあるので、あらかじめ告知しておきます(笑)。

解散後、有志にて懇親会を予定しています。お時間があれば、鉄道ガイドと一緒に鉄道話で盛り上がりましょう!(会費は各自負担。都合により中止する場合がございます)。

自由参加ですので、当日、もし都合が良ければご参加ください。

 

当ツアー参加者だけのお楽しみ特典

参加証授与

全行程を無事に終えた方には「参加証」を授与します。

▲参加証のイメージです

おまけ☆スナップ写真プレゼント

旅の途中で撮影したスナップ写真を、参加者だけが見られるオンラインアルバムで提供します。

参加者は無料でダウンロードできます(ファイル形式:JPEG)。

状況によってはあまり撮影できないこともあります。あくまでおまけということでご理解ください。

過去のツアー(SL北びわこ号ツアー)のひとコマ。写真右下が筆者。

 

ツアーのくわしいご案内

 

お知らせ

乗りテツねっとの溝口光徳は、京都の旅行業者である「萬転(まんてん)」と業務委託契約を締結し、萬転の外務員として旅行業務の取り扱いを行なえるようになりました。当旅行は、萬転の募集型企画旅行として販売、催行されます。

 

出発日

2019年2月17日(日)

集合場所・集合時間

新大阪駅 東出入口前に午前7時55分集合

3階にある在来線改札口です。改札を出たところにロッテリアがあります。

行程表

行程表(コース)
JR新大阪駅 7:55集合→<特急サンダーバード 指定席>【車窓に琵琶湖、比良山系】→近江今津→<湖西線>→近江塩津→<北陸本線>【車窓に余呉湖、伊吹山】→米原【休憩・ホームに売店と立ち食いそばの店があります】→<琵琶湖線>→草津→<草津線>→柘植→<関西本線>【ディーゼルカーが走るのどかなローカル線】→加茂→<大和路線>→奈良→<万葉まほろば線>【車窓に大和三山】→高田→<和歌山線><大和路線>→JR難波にて解散(16:40頃)

乗車距離は352.7km! 新大阪~広島の距離(341.6 km)に相当します。

※鉄道は特急のみ指定席、他はすべて普通列車自由席です。

※参加者には詳しいご案内メールを差し上げます。

旅行代金

お一人様 4,500円

こども(6歳以上12歳未満):2,500円

幼児(6歳未満):600円

 

旅行代金に含むもの
行程に含まれる交通費(JR運賃・特急料金)※行程は行程表を参照
旅行代金に含まないもの
行程に含まれない交通費
飲食費並びに個人的性質の諸費用
旅行代金に関する注意事項
お支払い方法は銀行振込で、お申込み日から3営業日以内に入金をお願いします。期日までに入金されなかった場合はキャンセルとみなして予約を取り消します。
振込手数料はご負担ください。
こども代金は、旅行当日を基準に満6歳以上12歳未満に適用となります。
幼児代金は、旅行当日を基準に満6歳未満に適用となります。

 

募集期限

2019年2月12日(火)

最少催行人員

8名

その他のご案内

重要事項
座席について:列車は一部を除き自由席利用のため、混雑時は着席できない場合がございます。予めご了承ください。
食事について: 食事は付いておりませんので、各自でご用意ください。食事場所は移動中の列車内か駅ホームの待合室・ベンチとなります。
その他の注意事項
雨天決行ですが、悪天候等で列車が運休したり、運休が見込まれる場合は中止する場合がございます。

添乗員

鉄道大好きツアーコンダクターの多田昭彦が同行します。

日本国内はもとより、海外の鉄道にも精通していますので、旅のよもやま話をいろいろ聞いてみてくださいね。

多田と溝口のコンビで皆さまをご案内いたします。

(やむを得ない事情でどちらか1名になる場合がございます)

企画担当者

乗りテツねっと代表/大回り乗車ガイド

溝口光徳(みぞぐちみつのり)

2004年にJR全線完全乗車を達成した「乗り鉄」。鉄道旅の楽しさを多くの人に知ってもらおうと「JR大回り乗車」を入口として鉄道旅のノウハウを提供。2018年から鉄道ツアーの企画・催行を行なっている。

2017年、豪華寝台列車・トワイライトエクスプレス瑞風に乗車。同年、台湾を初訪問して台鉄(国鉄)および高鐵(台湾新幹線)の全線を完乗した。鉄道好きの子どもたちや鉄道模型ファンの交流の場として「鉄道模型で遊ぼう会」というイベントを大阪でほぼ毎月開催し、好評をいただいている。

保有資格:総合旅行業務取扱管理者、国内旅程管理主任者

 

お客様の声

過去のツアーの様子をご紹介します。お客様の感想もありますので参考にしてください。

新年早々、鉄分濃厚な和歌山廃線ツアーを催行しました

よくある質問

特に鉄道好きではないのですが、参加しても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

熱心な鉄道ファンの方もいらっしゃいますが、列車に揺られる旅が好き、車窓を眺めるのが好きといった理由で参加される方も多いです。

ふだん鉄道を使わない方ほど、新しい発見があって楽しんでいただけると思います。

一人で参加しても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

これまでの傾向として、参加者の7割以上がおひとりで参加されています。

比率としては男性が多いですが、女性のひとり参加も増えています。

高齢ですが、参加しても大丈夫ですか?

さまざまな状況が考えられるため一概には言えませんが、70歳以上の方も元気にご参加いただいています。

長時間の移動になりますので、ご自身の体調を考慮して参加可能かご判断ください。

配慮が必要な事柄や、旅行に際して心配ごとがございましたら、事前にお問い合わせください。

当方で用意可能な範囲内で、できる限りのサポートをさせていただきます。

 

お問合せ先

ご不明な点、旅行に当たっての心配ごと、配慮が必要なこと、その他がございましたら、こちらからお問合せください。

 

ご予約はこちら

受付終了しました

 

ご予約の注意事項
ご予約は原則として上記のインターネット予約のみとさせていただきます。
電話・FAX・電子メールによる予約はお受けできませんので、悪しからずご容赦願います。
募集期限までに最少催行人員に満たなかった場合、または、その他の事由で催行困難な場合は中止となります。すでに予約されていた方には担当者から代表者様へ電話またはメールにて連絡を差し上げます。

\ SNSでシェアしよう! /

鉄道ツアー.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

鉄道ツアー.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【1月6日 大阪出発】有田鉄道と紀州鉄道~2つの廃線を訪ねる旅《終了しました》

  • 【5月25日 南海なんば出発】4つの廃線跡と観光特急『青の交響曲(シンフォニー)』《受付終了》

  • 【11月4日 京都駅出発】列車で湖国周遊『SL北びわこ号』乗車と 比叡山坂本を愉しむ旅《終了しました》

  • 【4月7日 大阪上本町出発】三多気の桜 鑑賞&名松線とローカル路線バスの旅《受付終了》

  • ☆JR運賃自己負担プラン☆【1月6日 大阪出発】有田鉄道と紀州鉄道~2つの廃線を訪ねる旅《終了しました》

  • 【3月31日 京都出発】敦賀港線 最後の日と舞鶴の軍港引込線跡を訪ねる旅《受付終了》